住宅を建築して10年以上経過すると家のあちこちが壊れてきます、厳密に言うと給湯器などが故障してきます。さらに10年ほど経過すると、外壁塗装などをしなければなりません。さまざまな点で維持費にお金がかかってしまうのが現実です。30年経過する頃には、屋根まで取り替えなければならず、あるいは防水加工をしなければならないため、とにかくお金がかかるのです。ちなみに屋根を修理するためには200万円かかります。そこで、思い切って住宅をリフォームしてしまった方がいい場合があります。リフォームする時には、その業者選びが重要になります。業者によっても腕に違いがあり、すべての業者が優良業者とは限りません。中古住宅を購入してリフォームする場合もやはり同様になります。

リフォームする時の注意点とは何か

リフォームする場合には、当然お金がかかりますが、その範囲をできるだけ明確に決める必要があります。なぜリフォームの範囲を明確に決めておかなければならないでしょうか。それは、際限なくリフォームすると、お金が湯水のように飛んで行ってしまうからです。お金が無尽蔵にある家であれば問題ありませんが、普通の家は、お金に限りがあるはずです。そのため、最初からリフォームする範囲を絞ることが大事なのです。この点、頭の中でおおよその計画を立てているから大丈夫という人もいますが、カタログなどを見ていたり、業者の話を聞くと、思わず関係ないところまでリフォームしてしまう可能性があります。そうすると、ローンを組む場合でもローンの額が大きくなり、支払いができなくなることもあります。

何のためのリフォームかを知ること

リフォームをする場合には、何のためにリフォームをするかをよく考えなければなりません。例えば、子供が住んでいたけども、すでに皆結婚してしまい、家に戻ってきて泊まることは滅多にないことがあります。狭い子供部屋を解体して広い部屋をつくるなど、部屋の間取りを変更したいなどの目標がはっきりとしていることが大事です。その目標が達成できるかどうかでリフォームの基準を定めるべきです。ついでにトイレも交換しようか、というようなことがなくなります。また、全面的にリフォームする場合でも、どのような家にしたいのかを明確にしましょう。その目標とする家都は全く関係ないところにお金をかける必要はありません。そんなお金があるなら、庭の整備でもするお金にしましょう。あるいは老後のために貯めておきましょう。

リフォームの見積もりは無料です。ご希望の方は、ホームページの見積もりフォームからどうぞ。 工事をどこに頼めばいいか悩んでいる方も、まずはご相談下さい。お見積は無料にて承っております。 住宅リフォームなら当社にお任せください。 我が社では、東京や神奈川、千葉、埼玉周辺を対象エリアとして、その地域でのリフォームを請け負っています。 リフォームお任せください